« Census of a Vitual World in Final Fantasy XI(ファイナル・ファンタジーXIの国勢調査) | Main | A Brain-Driven Game(脳で動かすゲーム) »

11-Year-Old Schoolgirl Commit Virtual & Real Homicides(11歳女子小学生、仮想&現実世界で殺人)

On June 1, an 11-year-old schoolgirl, living in Sasebo city (in Kyushu), killed her classmate by slashing the neck with a cutter knife.
6月1日、佐世保市で、11歳の女子小学生が、学校内で同級生の首をカッターナイフで切って殺害するという事件が発生した。

The assailant had been an intimate friend of the victim. They often played together through avatar chatting in the Internet. However, their relationship went sour due to various reasons, which drove the assailant to the formidable crime.
加害者は被害者とは親しい友人であり、インターネットのアバターチャットを共通の趣味としていたが、さまざまな理由から関係がこじれ、犯行に及んだものと思われる。

Their avatars and websites was in Cafesta, a large-scale service of this kind. The users can create their own websites and avatars at free upon registration. Now the number of registered users reaches 1.15 million. However, since a user can create several websites and avatars, this figure is not likely to be the correct number of users.
2人がアバターやホームページなどをおいていたのは、アバターチャットサービスでは大手の「カフェスタ」である。登録することにより、無料でホームページやアバター作成、アバターチャットなどを行えるもので、登録会員数は115万人である。ただし同一人物が複数アカウントを持つこともできるので、この数字は実際のユーザー数とは異なる可能性が高い。

Before the homicide in the real world, the assailant erased the avatar of the victim, and rewrote the website. The 2 girls shared their IDs and passwords, thus the victim had noticed that the assailant had committed the virtual crime.
加害者は犯行前、被害者のアバターを消したり、ホームページを書き換えたりなどの行為をしていたという。2人は互いのIDやパスワードを知っていたため、被害者も加害者がこの仮想世界での犯罪の犯人であることには気づいていたようだ。

The assailant had been interested in dark magics and homicides, etc., thus it is less likely that the "homicide" in the virtual world had triggered the homicide in the real world.In some media, they are arguing that virtual worlds themselves have some problems. But I do not agree with this.
加害者はもともと、呪術や殺人などへの興味をもっていたようであるから、こうした仮想世界での「殺人」が現実世界での殺人を引き起こしたとは考えにくい。報道などの一部で、仮想世界自体に問題があるかのような議論がみられるが、これはおかしいと思う。

However, the motivation that the assailant let her best friend kill in the virtual world seems to be the same as the motivation for the homicide in the real world. At least, we should know better about the relationship between children and virtual worlds.
しかし加害者が仮想世界で「殺人」を行おうとした動機は、現実世界で実際に殺人を実行した動機と共通していると考えたとしても、さほど不自然ではない。少なくとも、われわれは、子供と仮想世界との関係についてより詳しく知る必要があると思う。

|

« Census of a Vitual World in Final Fantasy XI(ファイナル・ファンタジーXIの国勢調査) | Main | A Brain-Driven Game(脳で動かすゲーム) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 11-Year-Old Schoolgirl Commit Virtual & Real Homicides(11歳女子小学生、仮想&現実世界で殺人):

« Census of a Vitual World in Final Fantasy XI(ファイナル・ファンタジーXIの国勢調査) | Main | A Brain-Driven Game(脳で動かすゲーム) »